舞台『モノノ怪~座敷童子~』

東京 2024.3.21(木)〜24(日)IMM THEATER / 大阪 2024.3.29(金)〜31(日)COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール / 東京凱旋 2024.4.4(木)〜7(日)IMM THEATER

真と理、お聞かせ願いたく候

監督:TV シリーズ『モノノ怪』監督中村 健治

アニメ版「座敷童子」を作ることになった時、舞台で活躍されていた高橋郁子さんの顔がすぐ浮かびました。
物語のテーマも高橋さんの描きたいものと「モノノ怪」がどうコラボレーション出来るかを優先した結果です。
結果かなり生々しいお話になり自分もニュアンスを掴むため「妊婦さん」にお話を聞いたりして演出に活かしました。
色々な要素が「命の誕生」の瞬間にはあり、その前段にも沢山の「思い」「辛さ」「嬉しさ」「必死さ」「不安」「愛」「孤独」などがあることを自分も学んだ作品です。
舞台「化猫」のチームならば、そして高橋さん直々の脚本ならば見事な舞台として産み落としていただけるはず。大きな産声の予感がしています。

薬売り役新木宏典

舞台『モノノ怪』が、新作で戻ってくる事になりました。
前作を行った際に、達成感に近いくらい、出来る事を全て使った気でおり、今回どのような作品になるのか、私自信想像出来ません。
前作を超えることは自覚を作る上で必須であり、これにプレッシャーを感じないと発言するのは、偽りの言葉を使おうとしても難しいですが、楽しみに思っている事は確かです。
今の自分からでは生み出せないような世界をお見せする事が出来るよう、カンパニー一同で精進して参ります。

演出・映像ヨリコ ジュン

前作に引き続き、演出・映像を担当させていただくこととなり、心から嬉しく思います。
また薬売りを演じる座長新木宏典さんと、また一緒に作品を創れるということも、心から楽しみにしています。
アニメでのモノノ怪の世界観を劇場で御観劇いただく皆様に満足していただけるよう、前作に引き続き一人のモノノ怪ファンとしての観点も含めつつ、俳優陣の皆さんともディスカッションを重ねながら、じっくりと演出していきたいと考えています。御観劇、お待ちしております。

TV シリーズ『モノノ怪』「座敷童子」脚本高橋郁子

モノノ怪はアニメデビュー作でした。中村健治監督に、前作の設定を踏襲した上であれば、好きなものを書いて良いと言っていただき生まれたのが「座敷童子」です。
アニメ放送から17年。舞台版も担当させていただけることになり、大変光栄です。舞台化にあたり、アニメにはなかったシーンを多数盛り込みました。

演出のヨリコジュンさん、主演の新木宏典さんに物語のバトンを手渡します。 座組の皆さんのエネルギーによって、きっと見たことのない極彩色の世界が広がるに違いありません。劇場で体感できることを楽しみにしています。

チケット購入はこちら

東京 2024.3.21(木)〜24(日)IMM THEATER

大阪 2024.3.29(金)〜31(日)COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール

東京凱旋 2024.4.4(木)〜7(日)IMM THEATER